まるちょうグループ

ニッケル、クロムのメッキ加工や電鋳、精密板金の試作加工はまるちょうグループ

お問い合わせ

 

丸長鍍金(株)   サンリツ工業(株)   Q&A   English
HOME»  Q&A (組立/板金)

Q&A

サンリツ工業株式会社

Q

板金溶接にも様々な要求があると思います。鉄と鉄、SUSとSUSなど同じ材質を溶接することは通常の溶接ですが、材質が違うものを溶接する場合は気を付けることがありますか?

A

お客様の仕様で多いのは鉄とSUSの溶接ですが、当社ではTIG溶接を使用し、溶接棒も通常のものではない混合材を使用します。 溶接部の割れや接合不足を防止して溶接強度、ビットの仕上がり等満足する水準になります。

 

Q

どのようなものを加工してますか?

A

主には鉄・ステンレスの板厚0.5t~4.5tの板材を加工しております。

 

Q

車のボディーを板金修理できますか?

A

できません。当社は板材からの板金加工を生業にしておりますので、既製品のたたき出しなどはできません。

 

Q

ファイバーレーザーとCO2レ-ザーと何が違うの?

A

ひとことで言うと発信機のしくみが違います。照明に例えるとCO2レーザーは水銀灯、ファイバーレーザーはLED照明といえばわかりやすいでしょうか。よってファイバーレーザーの方が省エネとなります。また、発信機の違いにより今まで切れなかったアルミ・銅なども切断可能になりました。他にもメリット・デメリットがありますが、詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。

 

Q

納期はどのくらいかかりますか?

A

加工内容や加工数量にもよりますが、出来る限りお客様の要望にお応えします。

 

Q

試作品や1品物の加工もできますか?

A

弊社の設備は汎用機が多いので、小ロット・1品物にも対応できます。

 

Q

試作から量産への対応はできますか?

A

数量の多いものは金型を製作し、プレス加工機での量産対応も可能です。

 

Q

板厚分の段をつけたいのですが可能でしょうか?

A

段曲げ型を保有しておりますので可能です。

 

Q

銅・真鍮・チタンなどの特殊材の異形抜きは可能でしょうか?

A

ファイバーレーザーで対応可能ですが、発信機の能力がありますので、加工可能板厚が限られます。詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。

 

お問い合わせ